ディヤーナ国際学園ってどんな学校?口コミと評判や学費・卒業までの流れ

ディヤーナ国際学園は通信制高校サポート校として学習支援を行っている学校です。

特徴は、引きこもりなどの自立支援コースや通信高校サポートコース、また海外への留学や進学をサポートするコースなど様々な学習サポートが可能なところです。

自立支援コースでは入学後フィリピン寮へ入寮し、その後日本やタイの寮へ転寮してフォローを受けながら在宅コースでの卒業となります。

通信制高校サポートコースでは長野県上田市にある「さくら国際高校」に籍を置き、高等学校卒業資格所得を目指します。

卒業時は「さくら国際高校卒」となります。新入学は毎年4月、転入・編入は随時相談を受け付けています。

通信制高校の面接指導について知りたい人はこちら

ディヤーナ国際学園の口コミや評判について

ディヤーナ国際学園は海外の大学進学を目指している方々の口コミ評判がとても高い学校だったので進学しました。

父がイタリア人で、将来は祖国に帰る予定がありイタリアの大学進学に向けたカリキュラムを担任の先生が作成してくれたのが助かりました。

高校ではあるものの、毎日通学をする必要はなく自習がメインなので時間を有効活用できます。

学校には自習室も完備されているので、レポートを書いたり先生に質問をすることもいつでも許されているのは良いです。

ディヤーナ国際学園の学費について

 ディヤーナ国際学園の学費は、入寮する場合においては入学金が約30万円と少し高いことが特徴です。

ただ、所得金額によって金額が変わる仕組みとなっているため経済的に苦しい家庭においても学びやすいことがメリットです。

入学金と別に支払う必要がある月会費は約10万円となっています。

在宅で通う場合には、月会費は入寮する場合と比べて約7万円と少し安いです。

ただ、ディヤーナ国際学園はあくまでもサポート校という扱いであり、卒業しても高校卒業資格を得ることができないことを留意します。

高卒免許の取得を目指す場合は、提携しているさくら国際高等学校に入学する必要があり、初年度で24万円別途学費がかかること覚えておきます。

長崎の通信制高校一覧はこちら

ディヤーナ国際学園の卒業までの流れ

ディヤーナ国際学園では、自立支援コース、通信制高校サポートコース、海外英語留学コースとバリエーション豊かなコースが用意されています。

中でも、東南アジア 大学進学サポートコースは他に類を見ない珍しい取り組みです。

卒業後の進路については学校側からの手厚いサポートがあり、現地での生活についてもフォロー体勢が整っているので、慣れない外国生活の不安が和らぎますね。

大学卒業後は語学力を生かして、就職先の選択肢も広がることでしょう。