技能連携校って何?

技能連携校(高等専修学校)とは、通信制高校と“連携”という形をとりながら、高等学校卒業資格取得を目指せる学校です。

専門技術を学ぶ3年間で、通信制高校と専修学校2校を卒業することが求められますが、通信制では普通の高等教育を学び、専修学校では専門技術を学べるという2校の長所を取り入れた勉強が可能です。

この技能連携制度に、「2校を卒業できるか不安」「勉強量が多くて大変そう」というイメージを持つ方もいらっしゃいますが、実は技能連携校で学ぶ専門科目は、通信制高校を卒業するのに必要な単位に含むことができます。

そのため、高等学校卒業を目指して効率よく勉強を行えます。

技能連携校の運営について

技能連携校の運営について
技能連携校を運営しているのは、特定の専門分野に特化した内容を学べる専門学校や職業訓練校、進学に向けた教育を行う塾、あるいは国内でもトップ企業の自動車・製造のメーカーと様々です。

運営に携わっている企業の中には、若い人材を育成し、高い技術や技能を継承することを目的に、技能連携校をスタートするところも多くあります。

そのため、通信制高校と同時に連携校に入学することで即戦力になる技術が身につくため、将来的には特定の分野のプロフェッショナルを目指せるのが魅力です。

技能連携校と連携している通信制高校とは

技能連携校にかかる学費(授業料)・費用

技能連携校にかかる学費(授業料)・費用
技能連携校の学費(授業料)は、全日制の私立高校もしくは生徒の学習を支援する通信制サポート校とほぼ同等とされており、入学金・授業の費用・施設費・各行事などを含めて、約90万前後が目安です。

また、技能連携校は専門的な内容を学べることで人気が高く、通信制高校とのセットで入学する生徒も多いですが、実際に通う場合、通信制高校と技能連携校の2校で学費が発生するのも重要なポイントです。

もちろん、各通信高校や技能連携校のシステム・仕組みによって授業料も幅広いので、学校を選ぶ際には「学ぶ内容がこれで良いのか」「自分に適したシステムなのか」という点をしっかりと吟味することが大切です。

技能連携校や通信制高校の仕組みを詳しく知りたい場合は、学校の情報が詳細にまとめられたパンフレット・資料請求もおすすめです。

実際に資料を見て内容を確認することで、自分の将来を見据えた選択の幅も広がります。

技能連携校に通うメリットとデメリット

技能連携校に通うメリットとデメリット
技能連携校は、通信制高校との連携・併修によって高等学校卒業の卒業資格を得ることができます。こちらでは技能連携校のメリットとデメリットを簡単にご紹介します。

技能連携校のメリットとは

技能連携校のメリットとは
技能連携制度を活用することで、「高等学校と専修学校2校の卒業資格を得られる」点と「卒業後は即戦力として働ける」点が、技能連携校に通うメリットに挙げられます。

普通の高等学校の勉強だけでなく、専門的・社会で役立つ内容を学びたい人には最適な環境ですし、連携校での勉強課程で公的資格を取得することによって、卒業後は即戦力としてスムーズな就職も可能です。

技能連携校のデメリットとは

技能連携校のデメリットとは
技能連携校に通うデメリットを挙げるなら、通信制高校のみに通う場合よりも多くの学費(授業料)の負担があるという点でしょう。

「金額が厳しい」と考えて、技能連携校への入学を諦める方もいらっしゃいますが、前項で述べたように、通信制高校や技能連携校は各校によって費用にも幅があります。

すぐに諦めるのではなく、まずは無料資料請求などを行って情報を集めることから始めてみませんか。

全日制の高等学校を卒業する生徒の大半は、卒業後に専門的な学習をスタートする傾向も高いため、技能連携校での授業は「将来の目標」「目指す方向」が決まっている人にとって大変適しています。

早いうちから周囲と差をつけるチャンスでもあるため、通信制高校に通う際は技能連携校への入学も併せて検討してみてはいかがでしょうか。