北海道芸術高等学校 札幌キャンパスってどんな学校?口コミと評判や学費・卒業までの流れ

北海道芸術高等学校は生徒の自由な選択を広げるため通信制課程を採用している高校です。

新入学は4月と10月、編入生は随時受け入れています。特徴はマンガ・イラストコース・声優コース、ファッション・ビューティーコース、総合進学コースなどの専門コースが用意されています。

もう一つの特徴として全日制のように週5日通学するスタイルと自宅学習スタイルを選択できる事です。

卒業生は多摩美術大学他、多くの芸術関係の大学へと進学をしています。

北海道芸術高等学校 札幌キャンパスの口コミや評判について

北海道芸術高等学校のダンスコースに通学しているのですが、毎日本格的なレッスンを受けることができており、自分のダンスのレベルが確実にアップしているのが実感できて、とても楽しいです。

ダンサーを志す友達がたくさんいるので、みんなでダンスの話をすることもできますし、一緒に遊びに行ったりすることもできるので、よい友達ができました。

自分の進みたい方向をしっかりと意識して勉強できるので、評判もよいですし、口コミもよいです。”

北海道芸術高等学校 札幌キャンパスの学費について

北海道芸術高等学校の学費は、入学金2万5000円・年間教育関連諸費2万5000・スクーリング費12万円と1単位当たりの授業料から成っています。

必要な在籍期間と単位数には、前の学校での在籍期間や取得済みの単位を引き継ぐことが可能です。

全日制の私立高校と比べて安い一方で効率の全日制公立高校と比べては高い印象がありますが、国が返済不要で支給している就学支援金を受ければ全日制の公立高校とあまり変わらない学費です。

北海道芸術高等学校 札幌キャンパスの卒業までの流れ

北海道芸術高等学校は週に5日通学する方法や選択学習スタイルそして自宅学習で単位を取得する方法が選べます。

卒業後のは進学をする生徒と就職をする生徒に分かれますが、声優を俳優そして芸大へ進むなどそれぞれ自分が学んだ事をさらに勉強したり仕事にしている生徒が多いです。

この学校はそれぞれの希望に応じた通学するタイルが選べるのが特徴です。

芸術以外に店舗のデザインをしている方がいたり、様々な分野で活躍をしている卒業生がこの学校から卒業しています。

北海道の通信制高校の一覧はこちら