インターナショナル・メディア学院高等部ってどんな学校?口コミと評判や学費・卒業までの流れ

インターナショナル・メディア学院高等部は、声優になるための技術や作法を学びながら高校卒業の資格を得ることのできる、通信制高校である鹿島学院高等学校のサポート校です。

高校中退からの編入にも対応可能です。声優プロダクションが運営し、現役の声優が学院長を務めるという他の学校にはない特徴があります。

入学後、本格的なレッスンを受けながらプロを目指しますが、学院内オーディションで合格すれば在学中のデビューも可能となっています。

インターナショナル・メディア学院高等部の口コミや評判について

インターナショナル・メディア学院高等部は声優や役者を目指している方々の口コミ評判がとても高い学校だったので進学をしました。

インターナショナル・メディア学院高等部は鹿島学園高等学校と提携されており、制服もあるのが良かったです。

週3日、高校の勉強を午前中は学び午後から演技指導を受けて夢との両立が出来ました。大検試験前は学校の自習室で先生に教わりながら勉強も出来、無事高校卒業資格を修得できて通ってよかったと今でも感じます。

インターナショナル・メディア学院高等部の学費について

インターナショナル・メディア学院高等部の学費についてご説明します。

インターナショナル・メディア学院高等部は声優の学習が出来るので、通常の通信制高校と比べても決して安いとは言えず、むしろ高いほうだと思います。

初年度では入学金含めて86万円、2年目以降は76万円掛かります。

またインターナショナル・メディア学院高等部はサポート校なので、卒業しても高校の卒業資格が貰えません。

ですので学院が提携している鹿島学園高等学校への同時入学が必要になり鹿島学園高等学校の学費も支払わなければなりません。

しかし鹿児島学園高等学校と合わせても約100万で、学費は分割の支払いも対応しています。

通信制高校の必須科目が知りたい人はコチラ

インターナショナル・メディア学院高等部の卒業までの流れ

インターナショナル・メディア学院高等部は鹿島学園高等学校の通信制課程と提携しているサポート校です。

高校進学も考えているけど声優や俳優にも興味があるという人にぴったりの学校です。卒業単位は普通学科と声優や俳優の専門的な授業も合わせた単位数になります。

最初に発声や演技の基礎などを学んだ後オーディションに参加したりとより実践的な経験を積み、さらにそれぞれのプロコースに分かれて学びます。就職に関しては声優や俳優を目指すことになります。