通信制高校の選び方

通信制高校は、その大半が自宅での自主学習となっており、各高校で行われる面接指導(スクーリング)やレポート課題の提出、試験を受けることで、高等学校卒業の単位を修得できるようになっています。

大まかな流れは大体同じですが、実は自分が何を目的として通信制高校へ入学・転入・編入するのかという点や、高校の卒業資格を得た後はどうしたいのかという点を意識すると、通信制高校の選び方も幅広く変化します。

もしも今、数多くある通信制高校の中から自分にピッタリな学校を探そうとしている場合は、まずは「何をメインに学校を選択するのか」というポイントを考えてみませんか。卒業後の進路も視野に入れながら、通信制で高校を選択するときのポイントを整理していきます。

【通信制高校の選び方①】学費で選ぶ

%e5%ad%a6%e8%b2%bb%e3%81%a7%e3%81%88%e3%82%89%e3%81%b6
通信制高校を選ぶときに、どうしても意識してしまうのが「学費」に関する内容です。通信制と聞いた際、どの学校にも同じようなイメージを持つ人も多いですが、実は通信制高校の学費は“私立”か“公立”どちらかによって、年間の授業料に違いが出てきます。それぞれを簡単に説明しましょう。

(1)通信制高校・私立の場合

一般的な全日制の高校と同様、通信制高校でも私立高校は公立高校に比べて、授業料は割高なのが特徴です。通信制の私立高校は、1単位が約5000円~12000円という幅広さで、年間の学費だけでも約20万円以上(就学支援金を利用しても約18万円)の費用が求められます。

もちろん、各高等学校の学習内容や専任のカウンセラーがいるかどうかによって費用変動もありますが、基本的には公立高校よりも高い学費が必要になります。

(2)通信制高校・公立の場合

私立高校とは違い、公立高校は1単位が約180円~1200円となっており、年間で必要とされるのが2~3万円、卒業に必要な学費は10万円程度になります。私立と比べてみても圧倒的な学費の安さですが、公立高校はあくまで自主学習・自己責任・自己管理がメインになります。

入学の際も、中学卒業程度の学力がある前提で授業がすすめられるため、日頃から自主的に勉強を行い、高等学校卒業を目指せる人でなければ厳しい面もあります。

通信制高校(私立・公立)の学費について簡単にご紹介しましたが、通信制は普通の全日制に比べて学費が安く、単位制による教育システムが採用されているため、定時制や夜間と同じく働きながら学費を稼げるという点も魅力です。

しかし、実際に働きながら高校の勉強をすることは、生徒にとっては負担になりがちです。そのため、事前に入学から卒業までの学費・費用の大きさやカリキュラム内容などを比較するために、高校のホームページのチェックや無料資料請求を利用して、負担額をきちんと把握することが重要です。

通信制高校の平均的な学費・費用(授業料)について

【通信制高校の選び方②】自分の目的で選ぶ

%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%ae%e7%9b%ae%e7%9a%84%e3%81%a7%e9%81%b8%e3%81%b6
通信制高校がクローズアップされるようになり、それに伴って入学希望者も増えてきました。各高校は新たな生徒の獲得を目指して様々な方法を打ち出しており、中でも特に「将来の夢」を意識したシステムが人気を呼んでいます。

一部の通信制高校では様々な学科やコースを設けており、普通の学校では学ぶことのできない専門的な内容を取り扱っています。例えば、通常の勉強や難関大学レベルを目指す進学コースをはじめ、語学やダンス、美容、イラストといった専門科目コース、さらに資格取得やマナー研修で社会人としての基礎を学ぶコースなど、その種類も多く存在します。

中には、航空工学科といった特殊な知識を学べる高校もありますので、自分の興味のある分野や目標へ、思いきって一歩踏み出すこともできます。

また、通信制高校への入学・転入・編入を考えている生徒の中には、家庭的な事情や不登校など、様々な事情でやむを得なく高校中退をした方も多いでしょう。このような場合でも、もし卒業後に大学・短大への進学を希望しているのなら、ただ高卒の資格を得ることだけを目的にするのではなく、大学進学に向けた勉強ができる進学コースを選ぶ方法もあります。

通信制高校は公立・私立ともに、自分の夢や目標を叶えることを目的にする人にとって最適な環境が整っています。全国にキャンパスを設置している学校も多く、専門的な分野に特化しているため、コース選択が幅広いのも強みです。

通信制の高校を選ぶときは、まず自分の目的や卒業後のプランを視野に入れて、希望にマッチした学校を見つけることが大切です。

通信制高校の学校数・生徒数と卒業後の進路(就職)について

【通信制高校の選び方③】通える範囲で選ぶ

%e9%80%9a%e3%81%88%e3%82%8b%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%81%a7%e9%81%b8%e3%81%b6
通信制高校を選ぶ基準の1つとして、「通学できる区域」で学校を選択する方法もあります。というのも、自宅での自主学習が多い通信制では、年に数回のスクーリングが必要です。そのため、生徒の多くは自分が無理なく通学できる学校を選ぶケースが多いですが、通信制高校は生徒が通学できる区域によって、「狭域」と「広域」の2種類に分けられています。

  • 狭域通信制高校:高等学校の所在地ともう1つの都道府県から生徒を募集するタイプ
  • 広域通信制高校:全国または3つ以上の都道府県の生徒を募集するタイプ

狭域通信制高校は、高校の所在地と近隣のもう1つの都道府県のみを対象に生徒を募集しているタイプです。もう一方の広域通信制高校のタイプには私立高校が多く、学校とは別にスクーリング会場を設けているところも多いです。県外からの生徒も募集対象となっており、多いところでは全国50ヶ所以上にキャンパスを設置している高校もあります。

この面だけ見ると狭域よりも広域の通信制高校の方を選びがちですが、実は本校と離れている場合でも、各地の分校や協力校、学習センターなどを活用することによってスクーリング授業を受けることも可能です。

また、遠方で普段は登校が難しいとった際も、年に1週間程度の合宿に参加することで出席扱いとなる「集中スクーリング」を設ける高校も増えています。狭域通信制高校と広域通信制高校は、どちらを選んでもあまり差がないバランスを保っていますので、高校を選ぶときは、無料資料請求などを行って幅広く情報を集めましょう。きちんと比較を行うことで、自分の中で納得いく選択ができるようになります。

【通信制高校の選び方④】無料資料請求で選ぶ

%e7%84%a1%e6%96%99%e8%b3%87%e6%96%99%e8%ab%8b%e6%b1%82%e3%81%a7%e9%81%b8%e3%81%b6
全日制や定時制の高校に比べて学校の特色が幅広く、柔軟に対応できる通信制高校は、何らかの事情で高校に進学しなかった生徒や、高校を中退してしまった生徒、自分の夢や目標に向かって進学を希望する生徒向けに、学びやすい配慮や多彩なシステムを用意しています。

入学・転入・編入を検討中で通信制高校を選ぶときは、インターネット環境を活用していくつかの学校から資料を取り寄せることから始めましょう。

具体的な流れとしては、まずは自宅から通える範囲内で学校を探し、その中から自分が興味ある学校の資料を取り寄せます。その後資料内容を比較し、いくつかに絞った高校のオープンキャンパスに参加し、自分の中のイメージを明確にしていきます。自分に適した学校を探すためにも、各校の違いを知ることは非常に大切です。

通信制高校への資料請求のメリットは、資料の取り寄せを無料でできるということと、都道府県エリアを選択すると、指定地域の学校資料を一括で請求できる点です。

資料を請求することによって、イメージできなかった校風やカリキュラム、授業内容、費用といった情報を具体的に考えることが可能になります。インターネットでの資料請求は、手続きも短時間で完了しますので、効率よく作業を行いたい方におすすめです。

【通信制高校の選び方⑤】スクーリングの日数で選ぶ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e6%97%a5%e6%95%b0%e3%81%a7%e9%81%b8%e3%81%b6
通信制高校に通うにあたって知っておきたいのが、「通信制」とは言っても、生徒は年に数回はスクーリング(面接指導)のために通学する必要があるということです。

スクーリングは、学習をすすめる上で「分からない」「難しい」と感じるポイントを直接先生に質問し、指導を受けられるシステムです。単位を取得するためには必ずクリアする必要がありますが、通う日数は公立・私立問わず、各高等学校や履修科目によって多少の差があります。

例えば、月1~3回で年間約20~25日程度の登校が必要だったり、年に1~2回の集中スクーリングという合宿形式で遠方からの生徒にも対応していたり、といった方法で面接指導を行う学校も多くあります。中には、インターネットを使用した放送視聴で実際の登校は年に数回など、学校によって様々なパターンを設けています。

このように、通信制高校では完全な自宅学習だけで済ませられるようにはなっておらず、スクーリングは卒業するために欠かせない授業の1つとして組み込まれています。通信制高校を選ぶ際には、自分が効率よく勉強できるスタイルを考えて、スクーリングの日数に注目しましょう。

【通信制高校の選び方⑥】サポート校があるかどうかで選ぶ

%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e6%a0%a1%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b%e3%81%8b%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%8b%e3%81%a7%e9%81%b8%e3%81%b6
通信制高校は自己管理による自主学習が基本となっているため、人によっては入学から卒業までの勉強を独学で行うことが難しくなるケースも少なくありません。勉強とプライベートの両立ができなくなったり、勉強に挫折してしまったりということも実際にありますが、このようなケースを防いでサポートしてくれるのが「通信制サポート校」です。

私立の通信制高校の中には、サポート校を併設しているところも多く、少人数制や担任制で、生徒の勉強をはじめ生活面や精神面をフォローしてくれます。ただし、サポート校はあくまで通信制高校に在籍する人に対して、単位取得や進級などの支援を行う“塾”のような存在です。

学校としての認可は受けていないため、サポート校だけを利用したとしても、高校卒業の資格は取得できません。けれども、サポート校は自主学習だけでは分からない部分を教えてくれたり、技術を身につける専門コースがあったりと様々なサポートを行ってくれます。

全国で約200校以上と言われているサポート校と提携している通信制高校も多く、学校に通う生徒の学習フォローを担当しています。ほとんどの場合、サポート校は通信制高校とは別に学費が発生しますが、個人の勉強進度に合わせた細かな指導や手厚いサポートが魅力です。

通信制の学校を選ぶときのポイントに、今自分が興味を持っている高校がサポート校と提携しているかどうかも含めると、入学後の勉強に安心感を持てるでしょう。

通信制高校は、全日制や定時制の高校に比べて学校の特色が幅広く、細かな部分までサポートが行き届いています。各学校の情報もインターネット環境さえ整っていれば無料で簡単に集められますので、通信制高校への入学・転入・編入をお考えの方は、資料の送付を依頼しましょう。

自分自身にマッチした高校かどうかをじっくり比較・検討し、納得できる学校を選ぶことが、新たな第一歩を築くことに繋がります。