高卒認定予備校の受験・選び方・学費・卒業について

高等学校卒業認定試験への合格を目指す人に、勉強を教える専門塾が「高卒認定予備校」です。中学校の基礎から勉強し、高等学校卒業の合格率を高めることを目標にしています。

生徒一人一人に適した勉強方法や試験対策を行っていますが、高卒認定予備校の中には合格後の進路(専門学校・短大・大学)指導に対応しているところも多くあります。この高卒認定予備校のの受験・選び方・学費・卒業ついて、簡単にご紹介します。

高卒認定試験ってなに?

高卒認定予備校とは
「高卒認定試験」とは、簡単にいうなら高校卒業程度の学力を国が保証してくれる試験のことです。何らかの事情によって高校を卒業できなかった人でも、この高等学校卒業認定試験に合格することで高校卒業と同程度の学力・学習成果が認定されます。

専門学校・短大・大学の受験資格を得られることで、就職や資格試験などに関しても、高校卒業者と同じ扱いを受けることができるのです。

高卒認定試験の受験について

高卒認定試験の受験について
(1)受験資格
受験する年度内に満16歳以上になる方で、高等学校卒業資格がない場合、誰でも受験可能です。
(2)試験日・科目
高卒認定試験は1年間に2回、主に8月(平日)と11月(土日)の2日間実施されます。受験科目は全8科目(国語、地理・歴史、公民、数学、理科、外国語)で、試験科目の出題範囲は、現在の高等学校のカリキュラムを編成する基準(学習指導要領)に基づいています。(※学習指導要領は文部科学省のホームページ内で確認できます)
参考:試験期日・時間割:文部科学省

また、認定試験の会場は都道府県ごとに1ヶ所あり、自分の好きな会場・都合の良い時期に受験できるのも特徴です。

高卒認定予備校の選び方

高卒認定予備校の選び方
高卒認定予備校を選ぶ際に「どのような基準で選んで良いのか分からない」と悩む人も多いですが、予備校を選ぶときには『基礎から勉強できるか』『インターネット環境での勉強が可能か』『サポートがあるか』という点が重要です。

というのも、勉強をすすめる上で基礎力は必要ですが、生徒の中には社会人として働きだしてから受験を考える人も多く、勉強から離れている時間が長いほど不安も高まります。

このような場合、テキスト学習だけでなくインターネット環境での動画授業があると講義も受けやすく、自分でスケジュールも組み立てやすくなります。さらに、自学自習が難しければ予備校でサポートを受けることも可能です。

サポート内容は各予備校で異なりますので、「どのようなサポートがあるのか」という点も、高卒認定予備校の判断基準になります。もしも今予備校選びで悩んでいる場合は、こちらで紹介した基準をもとに選んでみるのもおすすめです。

高卒認定予備校にかかる学費(授業料)はいくらぐらい?

高卒認定予備校にかかる学費(授業料)はいくらぐらい?
高卒認定予備校には、予備校のキャンパスに通学するタイプと、予備校に通うのが難しい方向けの通信タイプ(インターネット環境)が存在します。

一般的に通学タイプの場合は1単位1万円~というケースも多く、施設費や指導費、教材などを含めた1年間の費用がトータルで50万円前後になることも少なくありません。

また、通信タイプだと科目ごとの授業料が必要になるため、1科目5万円前後で年間約20~40万円の学費(授業料)が必要になるケースもあります。

もちろん、高卒認定の試験は受験する科目数によって学費が変動する予備校も多いため、こちらで紹介した学費(授業料)は大まかな目安としてご参考ください。もっと具体的な費用が知りたい場合は、直接予備校に問い合わせてみても良いでしょう。

高卒認定予備校の入学と卒業について

高卒認定予備校の入学と卒業について
高卒認定予備校は通学あるいは通信での自宅学習に対応していますが、入学するのに試験を設けているところは少なく、書類選考など簡単な内容を取り入れている予備校がほとんどです。

あくまで本人の「入学したい」「勉強したい」という気持ちが大切ですので、入学後は学力向上を目指す姿勢を保ちましょう。

実際の入学後、高卒認定予備校の大半は在籍年数の上限がない=留年のシステムがないため、高卒認定試験に合格するまで個人ペースでゆっくり学習をすすめることができます。

通常だと、半年~約1年半の在籍で試験に合格するため、早めに合格して専門学校・大学への進学や就職といった次のステップにすすむ人も多くいます。

高卒認定予備校では、高卒認定試験の合格が「卒業」を意味します。学習をすすめる上で、どのようなペース・プランだとスムーズに合格できるのか、自分の将来を見据えてきちんと考えることが大切です。

高卒認定予備校はどんな人が通っている?

高卒認定予備校はどんな人が通っている?
高卒認定予備校には中卒や高校中退で高卒資格を取得してない人、不登校や中卒後に社会人となった人など様々な人が通っています。

平成28年の文部科学省の試験実施結果の資料を見てみると、合格者の約52%が16~18歳(2350人)と圧倒的に多く、続いて15.6%が19~20歳(691人)、11%が21~25歳(489人)で、合格平均年齢が21.8歳という結果です。
参考:文部科学省

予備校に通う人の多くは、「早く高卒と同等になりたい」「高認合格後に進学を予定している」「出席日数や単位、課題などのしがらみを受けたくない」といった理由を抱えているため、手っ取り早く試験に合格したい人にとって適した方法です。

高卒認定予備校での勉強の仕方は?

高卒認定予備校での勉強の仕方は?
高卒認定の試験に向けた勉強法の1つである予備校選択は、塾のように通えて相談できる点や自分の弱点に対する対策、模擬試験など、身になりやすいことで人気です。

また、高卒認定予備校で使用する参考書・教材は、試験合格を目指して作成された内容ですので、独学での勉強に不安がある方や公効率の良い勉強を目指している方にもおすすめです。

予備校では、インターネットの動画による本物の授業に似た学習やテキストや模擬試験、添削のみの勉強と学習スタイルも様々です。

もちろん、「適している」と感じる勉強方法も人によって異なりますので、まずは一度取り組んでみて自分に合っているかどうかをチェックしてみましょう。

高卒認定試験に合格するために必要な勉強の期間は?

高卒認定試験に合格するために必要な勉強の期間は?
高卒認定試験の合格を目指すには、基礎学習の見直しはもちろん、受験する科目数に合わせた勉強時間・期間の確保が重要です。

高卒認定試験では全8科目の受験が可能ですが、一般的に全8科目(国語、地理・歴史、公民、数学、理科、外国語)を受験する場合だと、基礎・応用を学ぶのに時間がかかるため、最低でも半年~約1年の期間が必要です。

さらに、4~6科目だと約4ヶ月~10ヶ月、1~3科目だと3ヶ月~半年程度と、受験する科目数や勉強をスタートする時期によって、勉強期間も異なるのが特徴です。

プライベートとの両立や、実際に仕事をしていて勉強時間の確保が難しいケースもありますが、勉強期間をギリギリで計算していると、体調不良や予想外の事態で認定試験合格が厳しくなってしまうこともあります。

「どれくらい勉強すれば合格できるのか」ではなく、「どれくらい早く準備ができるか」がポイントですので、高卒認定試験の合格を目指すのなら、できるだけ余裕を持った期間で勉強に取り組むようにしましょう。

高卒認定予備校のメリット・デメリット

高卒認定予備校のメリット・デメリット
高卒認定予備校に通うことで、認定試験の合格率が高まるかどうか…と悩む人も多いですが、もちろん予備校の活用にもメリットとデメリットが存在します。

高卒認定予備校に通うメリット

  • 受験への勉強法や対策ノウハウを得られる
  • 周囲のサポートや仲間との励まし合いがあるためやる気アップに繋がる

高卒認定予備校で学ぶ利点として、勉強面の効率性や勉強意識向上の2点が挙げられます。独学は自分でモチベーションを高く持ち続けることが第一ですが、予備校に通うと同じ目標を持つ仲間との出会いがあるため、勉強に集中できるようになります。

高卒認定予備校に通うデメリット

  • 通学や通信コースで授業料やテキスト代がかかる
  • 高卒認定合格までに、早くても半年~約1年かかる

高卒認定予備校に通うメリットに対してデメリットには、通学タイプや通信タイプ共に、学費がかかるという点と、合格取得までに約1年かかるという点が挙げられます。

というのも、学費(授業料)には施設費・指導費・教材などが含まれるため、はじめ想定していた学費よりも高額になることも多いです。

さらに、勉強スピードも予備校が用意したカリキュラムに沿う形になるため、少しでも早く合格して次のステップにすすみたい人にとってはデメリットとなりがちです。

予備校の利用が適しているかどうかは、自分に適した学習スタイルや受けたいサポートの内容によって変わってきます。もっと詳しく知りたい場合は、直接予備校に連絡をとる・資料の請求を行ってみましょう。

まとめ

これまで高卒認定予備校について簡単にご紹介しましたが、実は高卒認定予備校に通って試験に合格した場合でも、その後短大や大学に進学しなければ、最終学歴は「中卒」のままです。

認定試験の合格は、あくまで「高校卒業と同等の学力を持つ」という意味ですので、進学しない場合は履歴書に「高校卒業」と記載することはできません。

もしも、高校卒業の学歴が欲しい場合は、高卒認定予備校ではなく通信制高校を選ぶことをおすすめします。

通信制高校(私立・公立)は全日制にも劣らない学習内容とサポートで、一人一人の将来を見据えた勉強に取り組めるのが特徴です。興味・関心のある方は、まずは気になる高校に無料資料請求を行いましょう。