さくら国際高等学校ってどんな学校?口コミと評判や学費・卒業までの流れ

さくら国際高等学校は、長野県上田市にあります。教育特区による通信制の私立高校であり、不登校や引きこもりの生徒の教育にも長年にわたり携わっています。何よりひとりひとりの個性を尊重した教育を行っていることが特徴です。

単位制のため留年はなく、3年以上の在籍と74単位上の取得、そして30単位時間以上の特別活動出席で卒業することが可能です。

他の学校からの転入や編入の場合には、それまでの取得単位、在籍年数が累積加算されます。

新入学の場合、入学時期は4月と10月となります。登校タイプは通学型コース、それから、集中スクーリングコースの2種類です。

長崎の通信制高校一覧はこちら

さくら国際高等学校の口コミや評判について

前の高校であまりうまくやれなかったので、口コミを見て充実した高校生活が送れたと評判のさくら国際高等学校に入学しました。

さくら国際高等学校は、口コミの評判の通りにとても楽しい学校です。

友達に恵まれたので、最初に入学した時には登校する日数はできるだ少なくしたいと思ったのですが今では登校するのが楽しみになっています。

居心地がとてもいいので、勉強を頑張るモチベーションも続いています。自分に合った登校のスタイルを選択できるので、すぐに落ち込んでしまう性格の人とかもさくら国際高等学校なら安心ですよ。

さくら国際高等学校の学費について

さくら国際高等学校の学費は、入学金1万円と年間の単位あたりの授業料から成り大変わかりやすくなっています。

私立の全日制高校の学費と比べてみれば安い一方で公立の全日制高校と比べて高い印象がありますが、国が支給する返済不要の修学支援金を受ければ公立全日制高校とほとんど変わらない学費で通うことができます。

また、前の学校で取得隅の単位を引き継ぐことができるので費用の面からもその頑張りを無駄にすることがないシステムです。

通信制高校の探し方について知りたい人はこちら

さくら国際高等学校の卒業までの流れ

さくら国際高等学校は通信制高校のため、全日制のように毎日通学する必要はなく基本自宅学習が中心になります。

科目別に用意されたレポートを提出し、週3回のスクーリングに出席して単位取得を行います。

スクーリング出席日数とレポート提出数を満たしている学生には夏と春に実施される単位取得試験の受験資格があり合格すれば卒業資格を得られます。

就職や進学の相談は学務室で随時行なわれており、大学に関しては提携校への推薦もあります。