星槎国際高等学校ってどんな学校?口コミと評判や学費・卒業までの流れ

星槎国際高等学校の特徴についてご紹介します。

星槎国際高等学校は通信制高校でありながら、週2日間の登校をベースとしているのが特徴です。

じっくりと通学をしながら勉学に励みたいという方には、週5日通学することも可能ですし、一方で月に1~2日の通学によって単位を取得していくことも可能です。

新入学の場合、入学の時期は4月か10月となりますが、編入の場合は時期は随時とされています。

さらに、星槎国際高等学校の卒業率は毎年90%を超えており、通信制高校としては、非常に高いものです。

星槎国際高等学校の口コミや評判について

もともと通っていた高校でいじめにあい、通うことができなくなって星槎国際高等学校に通い始めました。

どうして星槎国際高等学校を選んだのかというと、通信制の高校の中でもしっかりと学習面にも力を入れられているという口コミや評判を見て、大学進学を目指している自分に合っていると感じたからです。

自分の通っているキャンパスや学習センターではいじめもなく、集中して勉強に取り組むことができていますし、友達もできて楽しい高校生活を送ることができるようになりました。

星槎国際高等学校の学費について

星槎国際高等学校の学費は、入学金2万円と年間の施設設備費2万5000円そして1単位あたりの年間の授業料から成り大変シンプルでわかりやすいのが特徴です。

全日制私立高校と比較すると安い一方で全日制公立高校と比べてみると高い感がありますが、国が支給する返済不要の修学支援金を利用することで全日制公立高校と比べてそれほど変わらない学費で通うことが可能です。

また星槎国際高等学校では、前の高校に在籍していた期間や取得隅の単位を引き継ぐことができます。

学費の点からも、以前の頑張りを無駄にすることがない仕組みとなっています。

星槎国際高等学校の卒業までの流れ

北海道芦別市の星槎国際高等学校は、1994年4月開校の広域通信制高等学校です。

校訓は、「労働・感謝・努力」で、生徒の自主性を尊重する校風を特徴としています。

一方、それでいて通信制の高校としては非常に高い、90パーセントを超える卒業率を記録しています。

なお、星槎国際高等学校の最低登校日数は月1日~週5日とかなり幅を持たしており、自分のペースに合わせて通うことが出来ます。

ちなみに、レポート提出やテストにより卒業に必要な単位を取得するというシステムで、最短で3年間で完了することが出来ます。卒業後の就職や、大学や専門学校への進学を希望している人に対してのサポートも充実しています。