通信制高校を卒業するのは難しい?卒業するために最低限必要な条件

通信制高校に通う理由は人によって様々です。

全日制や定時制にも決して劣ることのない学習内容やサポートが通信制の強みでもありますが、実は通信制の学校を卒業するために最低限必要な要件は、全日制・定時制とは少し異なっています。

こちらでは、通信制高校を卒業するために最低限必要となる「在籍期間」・「単位取得」・「特別活動」の3つの条件についてご紹介します。

卒業するために最低限必要な条件その①:在籍期間

卒業 最低限 条件 在籍期間通信制高校に限ったことではないですが、一般的に高校の卒業資格を得るためには、“3年間の在籍期間を満たしていること”が大前提です。

これは学校教育法で定められている内容で、仮に3年未満で卒業に必要な単位を全て取得した場合でも、3年以上学校に在籍していなければ、卒業が認められることはありません。

人によっては高校を中退して通信制高校へ入学(編入・転入)するケースも多いですが、このような場合は、以前通っていた学校での在籍期間を計上する形になります。

もしも、前の学校に1年間通っていた場合、通信制高校への入学後は、2年以上学校に通うことで卒業が認められるということです。

また、通信制高校は3年以上の在籍期間と単位の修得が卒業要件になるため、全日制高校とは違って、「留年」という概念がありません。

実際に学校に通っている生徒の中には、学生をはじめ働いている社会人や子育てと両立を目指す人も多くいらっしゃいます。

毎日の生活と学業とのバランスを保ちながら卒業資格を目指すため、人によっては3年~5年、ときには10年かけて卒業に至るというケースも珍しくないのが通信制の特徴です。

卒業するために最低限必要な条件その②:単位の取得

卒業 最低限 必要 条件 単位 取得
通信制高校のシステムでは、主にレポート課題の提出や面接指導(スクーリング)、テスト(試験)といった内容を繰り返し行います。

その中で卒業に必要な単位を取得し、積み重ねていき、最終的には、3年間の在籍で“74単位”の取得が求められます。転入学・編入で通信制高校に入学した人の場合、前の学校で取得した単位を計上することも可能です。

ここでいう「単位」とは、科目ごとの学習時間や学習量のことを指しますが、実は通信制の学校の場合は自宅での自主学習が基本になるため、生徒が「実際にどれだけ勉強をしたのか」という判断ができません。

そのため、通信制高校ではレポート・面接指導・テストの3点を何度も行うことで、その結果によって単位を取得できる仕組みになっているのです。

単位取得に必要となる、3点の学習

  1. レポート課題の提出(学校で配布される教科書や、インターネット環境を利用した動画による自宅学習で、レポートを作成して学校へ提出する)
  2. 面接指導・スクーリング(各高校で定められた回数・指定日に出席し、直接勉強の指導を受けたり体験指導を受けたりする)
  3. テスト・試験(レポート提出とスクーリングの受講後に行われる単位認定試験です。合格点を取ることで、単位を取得することができる)

通信制高校では、上記の3点をしっかりと行うことが重要ですが、指定されたレポートが未提出だったり、面接指導を休む回数が多かったりすると、単位認定試験を受けることができなくなってしまいます。

そうなると、卒業に必要な単位が取得できないため、注意が必要です。

単位取得に必要なテストは、日々の勉強の成果を発揮し、実力を確認できる貴重な機会でもあるため、しっかりと取り組んで卒業単位取得を目指しましょう。

卒業するために最低限必要な条件その③:特別活動の単位

卒業 最低限 条件 特別活動 単位
通信制高校を卒業する要件の中には、レポート・面接指導・テストで取得できる一般的な単位の他に、「特別活動単位」と呼ばれるものがあります。

あまり聞きなれないかもしれませんが、特別活動とはホームルームや各学校行事(入学式・卒業式・体育祭・修学旅行など)のことを指します。

卒業までの3年間、課題やテストで取得する74単位とは別で、30単位(1単位=50分)の取得が求められます。

特別活動は、通信制高校によって定期的に行事が用意されていたり、短期間の合宿を行っていたりと内容も実に様々です。

もしも今、通信制高校への入学・編入・転入をお考えで、各学校の違いや詳しい内容を知りたい場合は、直接学校に問い合わせる、もしくは資料を請求するなど、積極的に行動を起こすことをおすすめします。