翔洋学園高等学校ってどんな学校?口コミと評判や学費・卒業までの流れ

翔洋学園高等学校は、茨城県日立市にある通信制・単位制を導入している高校です。自宅学習が基本で、レポートと呼ばれる報告課題を作成しながら勉強を進めていきます。

生徒が自分自身のペースで勉強できることが最大の特徴です。科目を選択できるため、興味がある分野を最大限に活かす道を切り開くことも可能です。

中学を卒業した新入学の入学時期は4月と10月、転入・編入の生徒の募集は随時行っています。学費システムもとてもわかりやすく、就学支援金制度の対象校でもあるため安心です。

また、翔洋学園高等学校は幅広い生徒たちが学ぶ高校でもあります。生徒が卒業できるように、それぞれの学習レベルにあった学習サポートを行っています。

茨城県の人に人気の香川県の通信制高校はこちら

翔洋学園高等学校の口コミや評判について

在校生の口コミです。中学校にあまり行っていなかったので心配でしたが、勉強でわからないところに戻って教えてもらえます。

友達がたくさんできるという評判どおり、いじめがないいい学校です。クラスの人たちと、いろんな所に行って楽しく過ごしています。

あと、制服がかわいいので特に女子には評判です。工場見学とかもあって楽しいです。

落ち込みやすい性格の人も、翔洋学園高等学校なら安心して通えるし卒業できます。先生も、気さくで相談しやすい先生ばかりでいろんな悩みに親身にアドバイスがもらえました。

翔洋学園高等学校の学費について

翔洋学園高等学校の学費は、大変わかりやすいシステムです。入学金は無料で、受講する単位ごとに費用が発生します。このため、何日学校に通っても学費は変動しません。

単位一つあたり8,000円ずつとなっていて、その他には施設設備費が年間で約3万4,000円です。また、翔洋学園高等学校は就学支援金制度の対象のため、授業料は大幅に減額されます。

支援金は保護者の収入によって変わりますが、約8割の生徒が、年間5万円から7万円ほどの負担で通っています。他の私立高校と比べても安い金額です。高い学費を負担することなく、学習サポートも充実しているのが翔洋学園高等学校の魅力です。

翔洋学園高等学校の卒業までの流れ

翔洋学園高等学校を卒業するには、高校在籍期間が3年必要です。この在籍期間に83単位中74単位を修得しなければなりません。

編入や転入してきた場合は前の高校で修得した単位をそのまま引き継ぐことができます。学習する科目は自分の進路にあわせて選ぶことができます。

また単位修得とあわせて、芸術鑑賞や毎月のホームルームなど学校行事への参加も必須になります。卒業後は大学や専門学校への進学、就職の進路サポートをいたします。