東葉高等学校の通信制ってどんな学校?口コミと評判や学費・卒業までの流れ

東葉高等学校の通信制の特徴として、インターネットでの授業があげられます。

東葉高等学校は全日制と通信制がありどちらで卒業しても東葉高等学校卒業となります。

もちろん他校からの編入も可能であり、通信制を選ぶ事で生活スタイルに合わせて学ぶ事や、通学時間の短縮が図れ効率的に学ぶことが出来ます。

東葉高等学校の通信制は普通科での募集のみ行われています。

また入学者全員が高等学校等就学支援金を受ける事ができ、経済的な負担を減らす事も出来ます。

全国で人気の徳島県の通信制高校一覧はこちら

東葉高等学校の通信制の口コミや評判について

通信制の高校を選ぶ時に、不安もあったのでいろんな口コミでの評判も参考にしました。

その中で、オープンスクールに参加するのがおすすめという口コミがあったので参加しました。

オープンスクールで説明を聴いたら、不安はすっかりなくなってしまいました。

悩んでいる方は、東葉高等学校の通信制のオープンスクールへの参加おすすめです。

いつもの学習は自宅のネット授業ですが、質問などは土曜日の補修で教えてもらえるので安心です。

体験授業を受けると、インターネット授業の様子がとてもよくわかると思います。

理解できるまで、何度でも受講ができるのが東葉高等学校の通信制の魅力です。

東葉高等学校の通信制の学費について

「東葉高等学校の通信制」は、東葉高等学校と市川学園・BBT(ビジネス・ブレークスルー大学)が連携して指導を行っている通信制高校です。

参考が連携して高いレベルの授業が受けられます。

気になる学費ですが、入学金60,000円・授業料は月額34,000円です。

入学時には、施設費145,000円と諸経費100,000円を合わせた339,000円が必要となります。

もちろん、全日制の高校と比べて学費は格段に安いです。それでも負担が大きいと感じるなら、高等学校就学支援金の需給を検討してみましょう。

これは生徒全員が対象です。

東葉高等学校の通信制の卒業までの流れ

東葉高等学校の通信制は大学進学に強い学校です。入学方法としては、新入学・転入学・編入学の方法があります。

卒業までの流れとしては、入学時に書類審査、面接・作文・簡単な基礎学力テストなどを受けて合否の判定がでます。

入学後は、ネットを活用していつでも学べる方法をとっており、主な授業はインターネットで行いますが、スクーリングが夏期と春期の年2回あるので、それに参加して単位の修得をします。

卒業後には大学に進学する人も多く、就職に関してもサポートがしっかりしている学校です。