東京文理学院高等部ってどんな学校?口コミと評判や学費・卒業までの流れ

東京文理学院高等部は通信制高校サポート校で、卒業すれば高校卒業の資格を取得することができるのですが、それが目標なのではなく、将来のための社会性や学力を伸ばすサポートをしっかりと行ってくれるところが大きな特徴です。

中学校を卒業していれば、入学試験を受けることができます。

他の高校に通っていたが、何らかの理由で通うことができなくなったという方には、編入ではなく、転入学という形で入学することができますので、まずは相談してみて下さい。

東京文理学院高等部の口コミや評判について

他の高校に通っていたのですが、人間関係につまずいてしまい通うことができなくなり、口コミや評判を見て東京文理学院高等部に転校することを決めました。

ここには自分と同じような経験をしている友達がたくさんいるので、人間関係もうまくいっていますし、他の高校と同じように行事も充実しているのでとても楽しく過ごすことができています。

もう少し勉強できたらいいと思うこともありますが、そこは自分の努力でカバーしたいと思います。

東京文理学院高等部の学費について

東京文理学院高等部の学費は、入学金が10万円、施設設備費が年間5万円、学費の目安が年間約35万円です。

私立の全日制高校に比べて安いと言えますが、公立の全日制高校と比べると高いと言えます。

ただし、就学支援金を受けることが出来れば、公立の全日制高校と同程度の学費で通うことが出来ますので、ぜひ、利用したいものです。

就学支援金については、奨学金とは異なり返済不要ですので、返済に苦しむということもありません。

東京文理学院高等部の卒業までの流れ

東京文理学院高等部の卒業までの流れには、全日制の高校と同じように就職か進学を選択するものになっています。

進学の場合、1年生で基礎固めを行いつつ2年生で大学向けのクラスへ進み、3年の時期に本格的に進路を選択することになります。

大学別に応じた受験内容の学習に励むため、進学率の高さがそれを証明しています。

就職の場合も個人面談を通じて自己を知り、新卒向けの就職活動に即した活動を、東京文理学院高等部では年間を通じて取り入れています。