通信制高校と公立・私立高校の違いとは

「通信制高校」と一括りに言っても、通信制の学校には、主に市町村などの地方自治体が運営している「公立」と、国や地方自治体以外の個人・団体が運営する「私立」の2パターンが存在します。こちらではそれぞれの高校の違いについてご紹介いたしますので、通信制高校への入学・転入・編入をお考えの方はぜひご参考ください。

通信制高校と公立・私立高校は学費が違う

gakuhi
通信制高校の多くは単位制を採用しており、卒業までに74単位以上の取得が必要とされています。このとき、学校によっては学費が年間計算の金額ではなく、1単位ごとの金額で計算されるケースがほとんどです。

この場合、公立高校は1単位が約180~1200円、年間だと2~3万円が必要となり、卒業に必要な学費は10万円程度です。もう一方の私立高校は、1単位が約5000~12000円と幅広く、年間の学費だけでも20万円以上(就学支援金を利用しても約18万円)必要になります。

何故このように金額の差があるかというと、実は私立の大半は各種専門学校と提携関係にあったり、サポート校が併設されていたりするケースが多いほか、インターネットを活用した授業体制を設けており、生徒1人ひとりに対するフォローが手厚くなっているためです。

このように、公立校と私立校は学費だけでも大きな違いがあります。もちろん高校によって違いはありますが、学費以外に入学金・教材費・施設設備・教育運営金といった費用も加算されるため、実際の価格はもう少し上乗せされることを覚えておきましょう。

通信制高校と公立・私立高校では勉強方法・体制が違う

benkyouhouhou
通信制高校では、主にレポート課題の提出や面接指導(スクーリング)、テスト(試験)が行われますが、公立・私立のどちらもスケジュールを自己管理した自主学習が基本です。どちらも個人のライフスタイルに合わせた勉強計画が求められますが、勉強をすすめるにあたっての“スタートライン”が、公立と私立で少し異なります。

実は公立高校は「中学校卒業程度の学力がある」という前提で勉強がすすむケースが多く、面接指導の日もあらかじめ指定されているため、学習面でつまずいたとしても、自分で疑問を解消することが多いと言えます。

けれども、私立高校の場合は入学時に中学校卒業程度の学力を必要としない学校も多く、人によっては小学校・中学校の学習内容から勉強をスタートすることも少なくありません。
確かに学費は公立よりも高めですが、私立高校は学習に苦手意識をもっている生徒や不登校だった生徒にとって、勉強体制の面で安心して通える高校です。

公立と私立のどちらに入学・転入・編入するかは自由ですが、現在の自分の学力を見つめてきちんと判断することも大切です。

通信制高校と公立・私立高校では登校や学習環境が違う

toukou
通信制高校は、公立・私立高校共にレポート課題・面接指導(スクーリング)・テスト(試験)の3点が求められますが、学校への登校や学習環境に関しても、公立高校と私立高校で違いがあります。

例えば、公立高校の場合だと、面接指導やテストの日程があらかじめ学校側で決められており、その日程に沿って行動しなければいけません。もしも、指定日に登校しなかった場合、ケースによっては単位取得が難しくなることもあります。

また、公立とは違い私立高校は、学校によって登校日・面接指導の回数が異なっており、ライフスタイルに合った学校を選びやすいのが特徴です。私立校の中には、面接指導の日程を自分で調整できる学校も多く、インターネットでレポートを提出することによって登校日の回数を減らせる仕組みを採用しているところもあります。

このような違いのある通信制高校(公立・私立)の選択に迷ったときは、各高校の登校・学習環境の違いに注目し、無料資料請求を行ってみることもおすすめです。

通信制高校と公立・私立高校では精神的なサポート体制が違う

sapo-to
通信制高校に入学・転入・編入してくる生徒の中には、いじめや不登校などを経験している生徒も多くいます。そのため、公立高校や私立高校の多くはいつでも精神的なサポートができるよう、体制を整えているところも多いです。

公立高校でもサポートを受けることはできますが、私立高校は特にサポート体制が強く、面接指導(スクーリング)の日程に合わせて専門のカウンセラーに会うことが可能だったり、提携しているサポート校で勉強の指導を受けられたりと、手厚いサポートを受けることができます。

また、通信制高校は自主学習がメインになるため、途中で勉強に行き詰まる生徒も多いです。こういった勉強面での不安を解消し、学習や精神面で大きくフォローしてくれるサポート体制があると、信頼感や安心感も大きく、高校卒業への意識もより高まります。

通信制高校と公立・私立高校では入学・転入・編入時期が違う

nyugaku
通信制高校の公立・私立では入学・転入・編入を受け付けていますが、それぞれの受け付け時期にも違いがあります。

(1)公立・私立高校の入学と編入の時期

通信制の公立高校の入学・編入時期は、一般的には年1回・4月ですが、欠員が生じた場合にのみ、9月・10月頃に入学できるケースもあります。もう一方の私立高校は、入学時期が多いのが特徴で、学校の大半は4月・7月・10月・1月(年4回)入学の機会があります。

しかし、公立への入学・編入の時期は各高校によって異なるため、もしも今興味のある通信制高校がある場合は、学校の入学・編入時期を比較するために、無料資料請求してみてはいかがでしょうか。

(2)公立と私立の転入の受け入れ時期

今通っている高校から新しい通信制高校に転校する場合、大半の学校は時期に関係なく、随時受け入れのスタイルを採用しています。けれども、カリキュラムの都合上、転入試験の日にちや受け入れ時期があらかじめ決まっているところも多くあります。

入学・編入・卒業時期について詳しく知りたいとお考えなら、早速高校へ無料資料請求を行いましょう。

通信制高校を考えているなら無料資料請求がおすすめ!

siryouseikyu
通信制高校は、不登校で通学することが困難な方、自分のペースで無理せず通いたい方、専門知識を早いうちから身につけたい方に、学びの場を提供しています。通信制高校で公立高校や私立高校への入学・転入・編入をお考えなら、まずは通信制高校の情報を集めることから始めましょう。

通信制高校の情報は、雑誌や広告といった身近なものをはじめ、インターネット環境を活用して取得することができます。費用や授業の内容など、学校の情報を手軽に収集できますので、もしも今気になる通信制高校がある場合は、公立校や私立校関係なく資料を請求してみることをおすすめします。

通信制高校の情報は無料で簡単に集められますので、校風や特徴をまとめてチェックして、自分に適した通信制高校を選びましょう。